甲子園の経済効果

夏の甲子園がついに始まりましたね!
今年は台風などの影響で最初から延期となってしまいましたが、
今毎日熱い試合が展開されています!

そんな高校野球ですが、実はしっかりとビジネスが絡んでいることも忘れてはいけません。

これは高校野球を管理する高野連の収支予算書がもととなっているデータですが、
夏の甲子園大会の収入は約4億5千万円、そして支出が3億9千万円となっているので、ざっと6千万円の利益を得ているという計算になります。

収入はどこから生まれているかというと、もちろん甲子園に入る為の入場料だったり、NHKで連日放送されている放映権料、他にも甲子園関連のグッズの売り上げなど多岐に渡ります。

また、この甲子園に出場する為に全国に何千という数の高校野球部が存在します。
その野球部ごとに部員がいて、その部員ごとにグローブやバット、ユニフォームなどの野球グッズが売れている訳ですし、応援に行く際などのバスや後援会などの運営費用など、高校野球全体の経済効果というものはかなり巨大なものだということが言えると思います。

高校野球にもっとスポンサーが介入すればまだまだ経済効果は高くなると思いますが、やはり高校生が行うスポーツという性質上、それなりの秩序は保たなくてはなりません。あまりお金に走り過ぎるとせっかくの甲子園が違う様相を呈してきてしまいますしね…。

夏のこの時期になると何気なく行われている高校野球ですが、
こんなに経済効果があったとは驚きですね。

こんな言い方は下世話かもしれませんが、そもそも夏の甲子園のメインである選手たちの人件費が発生していないところにこのビジネスの最大の魅力があると思います。

昔は野球だけでしたが、今はサッカーも日本を代表するスポーツになりました。

高校サッカーも野球と同様に年に2回くらい全国大会をしても良いと思いますけどね。

…だって儲かるんですから…。