マー君は復活出来るのか?

ニューヨークヤンキースの田中将大投手ことマー君が、先日肘を故障し戦列を離れてしまいました。回復までは最短で6週間ほどかかると言われています。ここまで順調に勝ち星を重ねていただけに本当に残念なニュースでした。

昨年の無敗に続き、メジャーでも今の現段階で12勝4敗と申し分ない成績を残していただけに…。

6月の後半から調子を落とし始め、ついに7月に故障者リスト入り。
20勝は確実視されていただけに本当にもったいない故障となってしまいました。

なぜ私がこれほど心配するのかと言うと…スポーツ選手の故障というのはたんなる怪我とは訳が違います。どんな有能な選手でも一度の故障で癖が付いたり、そこから成績が落ちてしまったりすることが多々あります。

プロ野球の長い歴史において、素晴らしい成績を残している選手のほとんどが大きな故障をしていない選手です。あの松井秀喜氏も手首の骨折から著しく成績を落としました。

舞台がメジャーというだけあって、最高のパフォーマンスでなければ通用しないところでもあります。今回の故障が原因で一気に成績を落としダメになってしまわないか本当に心配です。

イチローに続く選手になる可能性があっただけに今回の故障は本当に残念でなりません。

マー君と同じくメジャーで活躍するダルビッシュもここ最近調子を落としており、中4日で投げさせる現在のローテーションに苦言を呈しました。

野球の投手というのはスピードボールを投げる為の強靭な肉体と同時に、針の穴をも通すような精密なコントロールも要求されます。アスリートの体はとてもデリケートなので、故障によりコントロールが定まらなくなり、それを補う為にスピードが落ちてしまうなんてことにならないようにして欲しいものです。

マー君の故障が選手生命を脅かすものにならなければいいのですが…。